ニキビ跡のタイプ別のケア方法について

ニキビ跡とは言っても色々なタイプのニキビ跡があるのをご存知でしょうか?

何となくニキビ跡については、クレーターのようなものや赤くなっているというイメージがある人も多いと思います。

ニキビ跡の状況によってしっかりとケア方法も違ってくるで注意が必要になってきます。正しいニキビケアの方法についてはしっかりとした正しい知識で行うことが大事になってきます。

自分がどのタイプのニキビなのか知ってしっかりとケアしましょう。

色素沈着したシミのようなニキビ跡

ニキビが炎症を起こしているような状況で日焼けなどによってメラニンが大量に出ていると、色素沈着してしまってニキビ跡として残るようにしなってしまいます。

こういった場合には皮膚科で処方されるハイドロキノンという成分を含んでいるクリームなどが利用されるようです。

最近ではメラニンの色素沈着に対するシミケア商品が出てきており、その中にハイドロキノンが入って居るのかチェックして利用するといいです。

赤、紫などのニキビ跡

こちらのタイプのニキビ跡もある意味では色素沈着と通日部分があります。

とは言ってもこっちの方は炎症が肌の奥のほうまでいっているので、細胞まで破壊されて居るような状況なので、ある意味では深刻です。

ただこっちのニキビもハイドロキノンが有効で、ビタミンC誘導体を配合した化粧品も効果が高いです。

デコボコタイプのニキビ跡

デコボコタイプのニキビ跡は一番厄介なタイプのニキビ跡になります。肌が陥没してしまうので、化粧品などではなかなか改善するのは難しいです。

そのためピーリングやレーザーなどで治療する費用があり、皮膚科に相談するのが一番手っ取り早いかもしれないですね。

このようにニキビのタイプによってケア方法が違うので知っておきましょう。精力剤ランキング